(動画)安保祐介(あぼゆうすけ)は人格障害者「3歳女児ひき逃げ後にニヤリ」

5月2日、広島県福山市3歳の女の子を自転車ではねて逃げたとして、アルバイトの安保祐介(あぼゆうすけ)35歳が逮捕された。

事件後、TwitterなどSNSで事件の一部始終が記録された監視カメラの映像が出回り、逃げ切れないことを悟って出頭した安保祐介だが・・・。

女の子をはねた後、振り返って笑った姿に世間の怒りは収まらない。

広島県福山市3歳女児自転車ひき逃げ事件

広島県福山市で3歳の女の子が自転車にひき逃げされた事件で、交番に出頭してきた35歳の男が逮捕されました。

テレ朝ニュース

5月2日の夕方、福山市の路上で、祖父と姉と散歩をしていた3歳の女の子が、自転車にはねられて、後頭部に全治約一週間のけがを負った。

はねた自転車の男はその場から逃走し、6日後の5月8日に尾道市内の交番に出頭したという。

日時2020年5月2日午後5時30分
場所広島県福山市神村町の路上
被害者広島県福山市在住の女児(3)
容疑者広島県尾道市在住でアルバイトの安保祐介(35)
容疑道路交通法違反(ひき逃げ、負傷者救護義務違反)
認否安保祐介は「自分がやりました」と容疑を認めている。
事件の内容まとめ

広島県福山市3才女児がひき逃げされた場所はどこ?

3歳女児がひき逃げされた場所はどこか?

広島県福山市神村町の2号線に繋がる狭い道で、福山市立神村小学校から東に150メートルほど離れた場所にある。

ひき逃げ事件現場の場所

現場は、センターラインのない片側一車線。
歩行者専用の道はなく、譲り合わないと車のすれ違いが難しい、狭い道である。

2号線に向かってゆるい登り坂になっている。

(映像動画)安保祐介自転車ひき逃げに幼女が悲鳴

5月2日夕方、おじいさんと孫娘たちが散歩している途中、ひき逃げされる瞬間を民家の防犯カメラが捉えていた。

ひき逃げ動画

女の子たちの「きゃーいやぁーー」という悲鳴が辛い。

動画には、犯人の姿や顔、祖父が孫を抱えて必死で犯人を追う姿がおさめられていた。

女の子は、約1メートルほど自転車に引きづられ、頭を縫い、右半身に打撲と擦り傷を負っている。

Twitter特定班やSNS拡散力で安保祐介本人が出頭、無事解決

この動画はTwitterなどSNSで拡散され、映像から改造自転車であること、犯人の細かい特徴などを分析して、特定する投稿が挙げられていった。

犯人は「もう逃げられない」と思ったのだろうか、それとも、身内や友人もしくは職場の誰かが本人に気付き、諭したのかもしれない。

5月8日午後5時前、犯人の安保祐介は自ら交番に出頭。

逃走劇は一週間足らずで幕を閉じた。

安保祐介容疑者の顔画像やSNS(Twitter・Facebook・Instagram)は?

名前安保祐介(あぼゆうすけ)
年齢35歳
職業アルバイト
住所広島県尾道市
家族不明
安保祐介について

安保祐介のハッキリした顔画像はあるか?

SNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラム)はやっているのだろうか?

安保祐介で検索すると、Twitterでは1人(無投稿)、Facebookは3人、インスタグラムは1人(別人)を確認したが、いずれもひき逃げ犯・本人のものか不明。

もし安保祐介容疑者がSNSをやっていたとしても、アカウントや投稿を削除してしまっているだろう。

安保祐介の顔は、書類送検される時に判明する可能性があるため、分かり次第、追記する。

(画像)安保祐介は人格障害者「ひき逃げ後にニヤリ」

振り返ってニヤっと笑う安保祐介容疑者

安保祐介は、帰宅途中だった。

横並びに歩き、狭い道を占領していた3人を見て、相当腹が立ったのだろう。

スピードを上げて一番小さい女の子を突き飛ばし、しばらくしてから自転車を止めて振り返る。

後ろを振り返り、ニヤッと笑う安保祐介容疑者(ANN)

「ざまあみろ」とばかりに、横並び歩きを成敗したつもりだったのか。

普通の人間は、相手を傷つければ良心が痛む。
しかし、安保祐介は傷つけた幼女に何とも思わない人格障害者である。

「多くの犯罪者は人格障害者の傾向がある。人格障害者の特徴は、他人の痛みに鈍感なだけでなく、自分の将来にも無関心になります」(犯罪心理学関係者)

孫抱っこで追いかけ「おじいちゃんが悪い」と冷ややかな目も

事件は狭い道路で起きた。

事件が起きる瞬間、おじいちゃんと孫娘2人が横並びになって歩き、手は繋いでいなかった。

そこに、自転車が突っ込むように走ってきており、左にいた一番小さな女の子を突き飛ばしている。

3歳といえば、いきなり走り出してまだまだ危ない時期だ。

おじいちゃんは、田舎道だからと言って油断していたことは否めない。

そもそもこの祖父が子育てしていた時、育児をしっかりできていなかったから、孫の扱いもできなかったのではないか?

明らかに祖父は幼い孫娘と手を繋ぎ、道路の端を歩くよう気を付けるべきであった。

さらに、突き飛ばされ後頭部を打った女児を抱っこしながら犯人を追いかける姿に、「危険すぎる。状況を確認してからにして」「祖父が悪い」という意見も出ている。

ひき逃げされた3歳女児の母親「腹立たしいとしか・・・」

怒りに震えながらインタビューに答える母親(AbemaNews)

「腹立たしいとしか言いようがないですね。・・・それ以上ないです。」(ひき逃げされた3歳女児の母親)

女の子のお姉ちゃんを抱っこしながら、記者のインタビューに気丈に答えていた。

猛スピードを上げた自転車男が自分の妹を突き飛ばし、痛ましい姿を見て、お姉ちゃんも大きなトラウマを抱えてしまったに違いない。

コメント