[大阪環状線]天王寺駅で人身事故の中学生は男の娘!自殺理由は「宿題が終わらなかった」

文/齋藤あや

大阪環状線・天王寺駅で 7月6日午前7時39分ころ、人身事故が発生しました。

どうやら15歳の中学生が飛び込み自殺を図ったようです。

現場の状況はどうなったのか、自殺したのは誰で、理由はなぜでしょうか?

[大阪環状線・大和路線]JR天王寺駅で人身事故発生

07:39頃、天王寺駅で発生した人身事故の影響で、大阪環状線・大和路線(王寺~JR難波駅間)は運転を見合わせています。なお、振替輸送を行っています。

Yahooニュース レスキューナウ

大阪環状線 JR天王寺駅で、加茂発天王寺行き大和路線下りの快速電車(8両編成)が線路上に立っていた男性と接触しました。

一部始終を目撃した運転手によれば、「若い男性がホームから階段で降りてきて、電車と接触した」ということです。

この事故の影響で、大阪環状線と大和路線・王寺から難波の間で約1時間電車がストップ。

5万人ほど、多くの通学者・通勤者が足止めを喰らうことになりました。

人身事故は自殺未遂に終わる「飛び込めず軽傷で済んだ」

少年は天王寺駅の線路で快速電車にはねられようと自殺を図ったものの、当たりどころが軽く、なんとか一命を取り留めたようです。

大阪市消防局によれば、病院に運ばれたが意識はあるということです。

「大阪環状線に乗っています。彼は体の一部が当たり、軽傷で済んだと思われます」(事故電車に乗車していた学生)

「男子中学生は生きてるようです。 搬送先で意識を取り戻したと聞きました」(知人)

この事故の影響で、少年の保護者はJR西日本から数千万の賠償金を請求されると思われます。

SNSで自殺予告、身元Twitterアカウント名前は大阪環状線(@OsakaLoopLine19)

人身事故を起こす直前まで、少年はTwitterで自殺予告をしていました。

「無理だから、電車が来た、さよなら」(大阪環状線Twitterより)
「考え直すことは何度もしました」「涙が止まらない、天王寺です、ありがとう」(大阪環状線Twitterより)

誰かに自分を止めて欲しかったのでしょう。

「自分を認めて欲しい、承認欲求を得たい」という気持ちが投稿された文面に表れています。

Twitterアカウントは大阪環状線という名前。

Youtubeでも電車の動画を載せたり、電車に関するツイートをしていたため、15歳の鉄道オタク少年と思われます。

自殺未遂をしたのは誰?女子中学生ではなく『男の娘』か

Twitterアイコンが女性キャラクターだったため「天王寺駅に飛び込み自殺したのは15歳の女子中学生だった」と情報が出回っていましたが……

本人は自分のことを『僕』『俺』と呼んでおり、Twitterでも「性別は男ですよ?」と回答。

しかし少年は、いわゆる『おとこ』だったのかもしれません。

ライブ配信『ツイキャス』から聞こえきた本人は、声変わりしたてでやや高い声の男の子でした。

おとことは、女の子のような顔をした可愛らしい少年(男性)のこと。女性の服装を着ている場合もあるという。

運転手は若い男性と証言していたため、自殺する時にスカート制服姿ではなかったと思われますがーーー

「男の娘好きな人ってどれくらいおんの?」(大阪環状線Twitterより)

少年はジャニーズ系の可愛い顔であり、トラ二チェイサーという異性装者への性的指向・性癖があったのかもしれません。

トラ二チェイサーとは、いわゆる異性装者、トランスジェンダー、MtF、FtM、Xジェンダー、ニューハーフ 、おなべなどの男女の性別をこえる生き方をしようとしているものや、性別の男女にとらわれない生き方をしようとする者へ対して性的な欲望を注いだり、愛情や恋愛などの感情を主として持つ者をいう。

Wikipedia

自殺の理由がヒドイ?「宿題が終わらなかったから」

少年が自殺を図った理由はなぜでしょうか?

それは、学校の『宿題』に追い詰められていたからーーー

「宿題おわらない、死ぬ、バタッ」(大阪環状線Twitterより)
「違う!Twitterじゃない!宿題やらないといけないんだ」「Twitter辞めたら自殺するわ」葛藤が見受けられる(大阪環状線Twitterより)
宿題で徹夜「睡魔睡魔睡魔、寝たい寝たい寝たい」(大阪環状線Twitterより)

「誰もちゃんと見ていないし、程よくサボって宿題をスルーしてしまおう」なんていう要領の良さ(ずる賢さ)は持ち合わせていなかったのでしょう。

なんと真面目な少年… そして、安易で身勝手です。

しかし、彼にはどうしようもない事情がありました。

新型コロナの影響です。

世界的にコロナ感染が広まる中、大阪の中学校でも4月頃から臨時休校、分散登校を経て、6月から通常登校が再開しています。

学校側は不足した授業時数を埋めるため、生徒たちに課した宿題量が多すぎた可能性は否定できません。

ましてや今年は中学3年生。

高校受験も控えていただけに、「難しくて学校の授業についていけない。提出物が終わらず、自宅学習に追われる日々。親からは勉強やコロナで、外出を禁止されていた」とあれば、思いつめて楽になりたいという思考に至った理由も理解できます。

中学生・高校生の自殺希望者が急激に増えています。

つい先6月には八王子市で男子中学生(中3)が拳銃で自殺しており、大変痛ましく悲しい事故は後を絶たちません。

「親が出してくれんわ」(大阪環状線Twitterより) 学校、親、自治体、政治家。大人の責任は?

コメント