伊藤嘉浩(よしひろ)容疑者のヤンキー職人顔画像!大麻常習犯か「人気和菓子店・花桔梗は平野紫耀も常連」

愛知県名古屋市にある和菓子店「花桔梗」の取締役の伊藤嘉浩いとうよしひろ(38)が逮捕された。

なぜ、ジャニーズアイドル平野紫耀も御用達の和菓子店職人が大麻に手を染めたのか?理由や顔画像など調査した。

名古屋の人気和菓子店『花桔梗』の職人が大麻所持で逮捕

逮捕されたのは瑞穂区の老舗和菓子店「花桔梗」の取締役・伊藤嘉浩容疑者(38)です。  伊藤容疑者は25日午前7時半過ぎ、自宅に若干量の乾燥大麻を所持した疑いが持たれています。

東海テレビ
日時2020年6月25日午前7時半過ぎ
場所愛知県名古屋市瑞穂区汐路町1ー20
容疑者和菓子店の取締役・伊藤嘉浩(38)
容疑大麻所持
認否「はい、私のものです」と容疑を認める
和菓子屋職人大麻事件まとめ

伊藤嘉浩容疑者の顔画像やSNSは?(Facebook・Twitter・インスタ)

伊藤嘉浩容疑者の顔画像はどんな感じか?

伊藤嘉浩
伊藤嘉浩容疑者

あごヒゲを生やたヤンキー職人といった感じ。

FacebookやTwitterは、どうやら実名ではやっていないようだった。

名前伊藤嘉浩(いとうよしひろ)
年齢38歳
職業和菓子職人、和菓子店『花桔梗』取締役
出身愛知県、大学卒
家族父、母、兄
伊藤嘉浩プロフィール

ちなみに伊藤容疑者の愛車は暴力団が好むレクサス。

横の繋がりで安く入る入手ルートは確保できていたということか。

レクサスの前で決めポーズの伊藤嘉浩容疑者

伊藤嘉浩は花桔梗の2代目

安政元年に誕生した尾張藩主御用菓子司である『桔梗屋』で

そこから暖簾分けした『美濃忠』の4代目の息子が、独立して開業したのが「菓匠 花桔梗」

伊藤嘉浩は『花桔梗』の2代目だという。

「”美濃忠”は地元・名古屋じゃ知らない人はいないほど老舗。元々は兄弟でやっていたんですけど、兄の後妻の連れ子が美濃忠の後を継いだため、追い出される形で弟が15年くらい前に”花桔梗”を始めたんですよ。今回大麻で逮捕されたのは、弟の息子です」(地元住民)

華やかな和菓子の世界にもドロドロとした後継ぎ問題があった。

とにかく、花桔梗は美濃忠の技術・伝統は踏襲しつつ、新しい和菓子を提案する店として、30ー40代の女性を中心に人気の店だったようだ。

伊藤嘉浩は職人気質が理由で大麻常習か

伊藤嘉浩容疑者は、経営部門を担当する兄とは真逆で、こだわりの強い職人気質だったよう。

花桔梗を設計したインテリアデザイナーのブログより
麻にこだわった天井装飾

大麻を吸うと味覚が敏感になる。

私は大麻を吸ってると、ゆっくりくつろげて、気持ち良くなる感覚に陥っていた。味覚が敏感になり、食欲も沸いてきた。大麻を吸った後は、ぐっすりと眠れた・・・。私は、こうして自然と大麻にはまっていったのだと思う。そして気づいたときには、留置場。今、こうして後悔の日々を送っている。

厚生労働省 大麻乱用者による告白

「日本では考えられないですが…大麻が合法化されている南米やヨーロッパ諸国では、レストランのシェフがマリファナ常習者というパターンは少なくないと聞きます」(元米コロラド留学生)

注:本記事は薬物を肯定するものではありません。

キンプリ平野紫耀も和菓子店『花桔梗』の御用達

ジャニーズオタク女性によると、アイドルグループKing & Princeの一番人気メンバー平野紫耀しょうくんも、花桔梗が御用達だったらしい。

平野の好物は、五福という2段になっている贈答用菓子の下段にある『寒氷』という半生菓子。

左のグミが平野の好物 よく撮影現場に差し入れするらしい(出典:花桔梗)

「ショック!名古屋にしかお店ないから、実家帰る時とか友達への手土産によく買ってたのに!まぁ商品に罪はないからこれからも買うけどね」(名古屋出身のジャニファン女性)

銘店の不祥事に地元民もショック「嫌な気持ちに」

「花桔梗さんは美濃忠さんの一族が立ち上げたお店のはずです。お菓子ってブランドでありがられる部分は少なからずありますから、贈答用として差し上げにくくなります。残念でなりません」(愛知県在住女性)

「私は今後見かけたら意識的に買って応援したいですね。社会的地位の高いとなおさらいじめのように叩かれてしまうと思いますが、そもそも被害者がいない犯罪なので、まわりがマイナスに騒ぎ立てなければ誰にも被害が出ませんよ。たかだかド○ッ○じゃないですか」(名古屋在住女性)

「大麻で泥を塗ってしまいましたね。覚醒剤よりはマシですが、大麻を使った手でお菓子作ってたとなると、今まで買っていた人は嫌な気持ちになりますよ」(愛知県外男性)

コメント