梯沙希(かけはしさき)DV母は性欲の奴隷「楽しいことしたかった」稀華(のあ)ちゃんネグレクト殺人

文/齋藤あや

3歳の梯稀華(かけはしのあ)ちゃんを8日間放置して殺したとして、母親のかけはし沙希(24)容疑者が逮捕されました。

梯沙希の顔画像やSNS(Facebook,Twitter,Instagram等)、8日間も放置した理由はなぜでしょうか?

下に続きます・・・

梯沙希の元夫も0歳稀華(のあ)ちゃんに暴力「ソファで監禁」男求めてバー通い

3歳児の梯のあちゃん、ネグレクト(育児放棄)で死亡

ひどい事件が起こりました。

東京都大田区の自宅マンションに娘を1人で約1週間放置して死なせたとして、警視庁捜査1課は7日、母親の飲食店店員、梯(かけはし)沙希容疑者(24)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。放置している間、梯容疑者は知人男性に会うために外出していたとみられ、同課は育児放棄(ネグレクト)だったとみて調べる。

毎日新聞

3歳の女の子、かけはし稀華のあちゃんを8日間、猛暑の汚部屋に放置して死なせたとして、母親の梯沙希かけはしさき容疑者(24)が逮捕されました。

日時2020年6月13日午後3時55分(母親が通報した時間)
場所東京都大田区蒲田1丁目の自宅マンション
被害者かけはし稀華のあちゃん(享年3歳)未就園児
容疑者かけはし沙希(24)
容疑保護責任者遺棄致死
認否「間違いありません」と容疑を認めている。
稀華ちゃんネグレクト殺人事件まとめ

汚ベッドの上に脱水症状で死亡

かけはし沙希容疑者と稀華のあちゃんが暮らしていたマンション(出典:Googleマップ)

稀華ちゃんは梯沙希容疑者がいない8日間、用意されていたパンやペットボトルなどで食いつないでいたようですがーーー

司法解剖によれば、のあちゃんは激しい脱水症状で胃が空っぽになっており、お尻は重度のオムツかぶれだったよう。

死因は、高度脱水症状と飢餓。

誰が見ても、明らかなネグレクト(=育児放棄)殺人です。

稀華ちゃんはゴミで散乱した汚マットレスの上で一週間以上も独りで生活し、母親の帰りを待っていたようです。

ゴミ部屋は猛暑並みの温度に

誕生日ケーキの前でピースするかけはし稀華のあちゃん(3)

稀華ちゃんが放置されていた8日間、東京は夏日(25度〜)が3日間、真夏日(30度〜)が4日間。ほぼ毎日、暑い日が続いていました。

月日6/66/76/86/96/106/116/126/13
最高気温
最低気温
28.4
21.9
27.2
17.4
28.3
19.7
31
20.4
31.4
21.8
30.5
23.9
31.6
22.7
22.7
22.5
幼女が放置された8日間の東京の気温(Goo天気

こんな暑さの中、窓・ドアは全て閉めきられ、部屋の中は35度以上=猛暑並みに上がったと思われます。

さぞ暑く、苦しかったことでしょう。

脱水症状は、まず喉が乾き、だんだん汗が出なくなって失神。血のめぐりが悪くなることで身体中の臓器が損傷し、死に至ります。

水分を5日飲まないと、人は死んでしまいます。

駆けつけた消防隊によれば、稀華ちゃんは心肺停止状態。

搬送された病院で、小さな体は息を引きとったことが確認されました。(数日前に死亡していたとのこと)

真っ暗でおむつはボロボロ、泣く幼女

紙オムツはずっと変えないとパンパンになってぶら下がり、お尻はかぶれ、どんどん臭くなります。

8日も経てばオムツは粒(吸収体)が飛び出してボロボロになり、ツンとしたアンモニア臭が部屋中をおおっていたことでしょう。

また、稀華ちゃんがいた部屋に照明は点いていなかったようです。

昼は暑くボーッとした失神状態、夜は真っ暗で、とても心細かったはず。

母親を求めて泣こうも声が出ない幼女の姿を想像すると、同じ娘を持つ親として胸が潰れる思いです。

梯沙希は放置した娘の変わり果てた姿を見て、いったい何を思ったのでしょうか?

ネグレクトを隠蔽工作して119番通報

長い外出からゴミ部屋に戻った母親・かけはし沙希。

稀華ちゃんが散乱した汚マットレスの上で息をしていないことに気付き、119番通報します。

帰宅から119番するまでのタイムラグが約50分あり、そのあいだ沙希容疑者は娘の体を洗ってオムツを新しいものに変えたり、

「数日前から体調が悪く、おかゆを一口食べただけで食欲もなかった。せきをして苦しそうだった」などとずっと娘と一緒にいたていで供述したり、不在時に会っていた男性とのLINEのやり取りも削除。

ネグレクトを隠蔽しようとします。

しかし、マンションにある監視カメラの映像から、梯沙希容疑者が実際に外出・帰宅した日時と相違していたことから、嘘がバレてしまい、逮捕と相なりました。

母は自殺未遂していた

実は6月13日に稀華ちゃんが遺体で発見されてから、7月7日の母親逮捕に至るまでの間、25日のタイムラグがあります。

それは梯沙希容疑者が自殺を図って入院していたため。

命を取り留めたのは、駆けつけた救急隊のおかげですが、「すべて受け入れ、生きて償いなさい」という意味だったのではないでしょうか。

しかし隠蔽工作(自殺する前)も、虚偽の供述(自殺未遂後)も結局、自分の名誉のための行動であり、娘への思いやりは欠片かけらも感じられませんでした。

梯沙希の元夫も0歳稀華(のあ)ちゃんに暴力「ソファで監禁」男求めてバー通い

母親の梯沙希(かけはしさき)容疑者のマスクなし顔画像

梯沙希はいったいどんな顔をしているのでしょうか?

茶髪、八の字眉のかけはし沙希容疑者(ANN)

体型は中肉中背で、茶髪のロングヘア。

表情は「とんでもないことをやってしまった、辛い」という感じですが、間違いなく娘のほうが辛かったはず。

いかにも自分のことしか考えていない人相です。

ただ困りまゆなため、男ウケの良いモテ顔かと思われます。

マスクなし顔画像はこちら

梯沙希容疑者の顔画像
悪ノリする梯沙希容疑者。いかにもネグレクトしていそうな毒親の顔でした。(インスタグラムより)
名前梯 沙希(かけはしさき)
年齢24歳
職業飲食店店員
出身宮崎県
住所〒144-0052 東京都大田区蒲田1丁目28−11 サンリバーマンション
梯沙希容疑者のプロフィール

梯沙希のSNS(Twitter,Facebook,Instagram)特定

梯沙希容疑者はインスタグラム(SNS)で、友人と遊んだり酒を飲んだり、一児の母とは思えない写真ばかり投稿していました。

インスタ仲間には「自分に子どもがいると思われたくない」とでも思ったのでしょうか?

公開された投稿に、娘・稀華ちゃんの写真は1枚もありませんでした。

まだ自分は若くて遊んでいたい、リア充(=リアルで充実した日々を送っている人)な自分をアピールしたかったようにも見受けられます。

特に違和感を覚えるのは、子どもが好む遊園地のような場所に友人と遊びに行っている写真や、友人の誕生日を祝う写真などが多く投稿されていたことです。

スケート、ディズニーランド、ボーリングなどで遊ぶ梯沙希(インスタグラムより)

ドラえもん、カラオケ、ピクニック、花火、お花見、水族館、美術館、スキー、イルミネーション、ドッグカフェ、屋台、ショッピング、チームラボ。

もしそこに稀華ちゃんが一緒だったら・・・それはもう、ぴょんぴょん飛び跳ねるくらい喜んだでしょうに。

ひとりぼっちだった幼女を思うと、あまりにも悔しく、泣けてきます。

なぜ可愛い娘を置きざりにして、自分だけ楽しく遊びに出かけられるのでしょう?

理解に苦しみます。

かけはし沙希の職業は居酒屋店員、夜はいつも放置でパチンコも

梯沙希容疑者の職業は飲食店店員。居酒屋のホールスタッフとして、アルバイトをしていました。

お金が無かったのでしょう。

一年以上前に、稀華ちゃんを保育園から退園させています。

(稀華ちゃんが保育園に通園していた当時は保育料が無償化される前。0〜2歳児クラスまでは月に数万もかかってしまうため)

未熟な母ゆえ。夜は娘を放置して、外に働きに出てしまいます。

生活費を作るため、「仕事後にパチンコ屋に直行している」と捜査関係者からの調べでわかりました。

シングルマザー、コロナで収入が激減、頼る親もいない。

自分が施設育ちなため、子どもは実親に育てられることが一番幸せだと理解しているはず。

だから尚更、施設は頼りたくなかったのでしょうか。

誰か、梯沙希容疑者に親身になってくれる本当の友人・身内はいなかったのでしょうか?

***

稀華ちゃんには母親しか頼る人はいませんでした。話し相手も母だけ。

稀華ちゃんの世界は、母が全てで終わってしまいました。

梯沙希と一緒に「ベー」と舌を出す稀華ちゃん。笑っていない瞳の奥が悲しい。

梯沙希の元夫も0歳稀華(のあ)ちゃんに暴力「ソファで監禁」男求めてバー通い

梯沙希の夫とは離婚、頼る親なし

梯沙希は21歳で前夫とデキちゃった結婚をしました。

しかし稀華のあちゃんを出産し、間もなく離婚。

2017年7月に上京して、母娘2人きりでマンション暮らしを始めました。

マンションでの人付き合いはなく、近所の住民は「異変に気づけなかった。普段から挨拶していれば」と悔みます。

そもそも梯沙希の実親はいるのでしょうか?

友人の話によると、「実家は宮崎県で、梯沙希が小学生の時に児童養護施設に預けられた」とのこと。

児童養護施設とは、親が病気などで面倒が見られない子どもや虐待されている子どもが保護される施設です。

小学生のときに預けられた訳ですから、ひょっとすると梯沙希自身も親から虐待されていた可能性も考えられます。

梯沙希もまた、親の愛情を知らずに育った、寂しい子だったのかも知れません。

梯沙希は稀華ちゃんを日常的にDVしていた

司法解剖の結果、梯のあちゃんに目立った外傷はありませんでした。

しかし、免疫に関する臓器「胸腺きょうせん」が萎縮していたとのこと。

胸腺萎縮は、暴力(DV)などで心身に強いストレスを受けた子どもに見られる症状です。

「のんちゃん(稀華ちゃん)が騒ぐと、大きい声で怒鳴ったり、泣いているのを放置したりしていました。時々心配になるほど。最近は、夜中にバーでお酒を飲んでいる様子をSNSに投稿していて、のんちゃんは何してるのかなと。亡くなったと聞いて、信じられないです。びっくりしました」(友人)

大声で怒鳴ったり、無視して口をきかないことは、精神的暴力(DV)にあたります。

のあちゃんは母親からの暴言・怒声・無視に萎縮し傷つき、かなり強いストレスを受けていたことがわかりました。

我慢できず、手が出たり怒鳴ったりしてしまうのは、聖人君子でもない限り、責められることではありません。

しかし、仕事だけでなく、自分が遊びたいがために子どもを放置することは常軌を逸しています。

ましてや8日間も放置だなんてーーー全ての人が胸糞です。来世は赤い血が流れない生き物からやり直していただきたいと思うのは私だけでしょうか。

梯沙希が稀華ちゃんを放置した理由「男のいる鹿児島へ旅行」

8日間も稀華ちゃんを放置して、いったいどこで何をしていたのでしょう?

捜査関係者によれば、梯沙希容疑者が稀華ちゃんを放置した理由として、「病院で診てもらうお金がなかったから」と供述していたようですがーーー

お金がなかったなんて、真っ赤な嘘でした。

かけはし沙希容疑者は、鹿児島まで旅行に出かけ、8日間も羽を伸ばしていたのです。

コロナばら撒きや感染リスクなど、どうでも良いのでしょう。

「暑いね、みんなで楽しいことしたい」(かけはし沙希Instagramより)

自身のインスタには「コロナ終われ、早く楽しみたい」「おもんな(面白くない)早く元に戻らないかな」「ディズニー行きたいわー。居酒屋も早く閉まるで、ほんまおもんない」などと投稿。

まるで偽善者のよう、コロナで自粛しているしっかり者の自分を装っています。

複数のメディアでは、梯沙希が鹿児島に住む交際者の男性と数日間アバンチュールを楽しんでいたと報道していますが…‥

もちろん、交際相手の男には自分に娘がいることなど話していないのでしょう。

虐待殺人鬼の梯沙希は、嘘だらけの承認欲求女で、性欲の奴隷でした。

梯沙希容疑者「死ぬとは思っていなかった」に母親たち悲憤

その後の調べで、梯沙希容疑者は「死ぬとは思っていなかった。留守にしても大丈夫だと思った」と答えていることがわかりました。

梯容疑者の浅はかな考えに、世間のお父さんお母さんたちは怒りと悲しみの声を上げています。

「3歳の娘を置いて一週間も、信じられない。同じ子を持つ母としてほんと、ショック。 ひどく脱水してたそうだから、きっとお母さんを呼んで大泣きしたんだろうな。寂しくて苦しくてお腹も空いて辛かっただろう。そう思うと本当に本当に許せない。親になる覚悟もない奴が子供作るな」(長崎県在住で子育て中の女性)

梯沙希の元夫も0歳稀華(のあ)ちゃんに暴力「ソファで監禁」男求めてバー通い

「どうしてこういう事件って犯罪者を擁護したり、別れたもう1人の親の責任を問う意見が出るのか理解出来ません。幼児を置いて旅行に行った結果、子を死に追いやった責任は母親だけのものですよね。 責任の矛先をずらすのも無責任な母親の酌量するのも、同じ年の子を持つ親としては憤りすら感じます」(都内在住3歳女児のシングルファザー)

「こんな可愛い子、めったに生まれるもんじゃない。一生後悔して、命の重さを思い知れ。我が子が愛せないなら、無理に愛そうとしなくていい。 助かる命が助からないのは悲しい」(神奈川県在住30代2児の母)

「無知とかのレベルじゃないから。 「殺人」ですよ、20年ぐらい反省してください」(男性SNS投稿者)

(続く・・・)

コメント

  1. 佐藤あい より:

    的外れな主観が酷くて不要だと思いました。