和田元規(もとき)の顔画像特定か!神出病院の虐待看護師6人は誰?内部の評判が悪すぎる

事件・事故

3月4日、兵庫県神戸市西区神出町「神出かんで病院」の元看護助手の男・和田元規わだもとき(27)ら6人が、高齢患者に対し、わいせつ行為や暴力行為をした疑いで逮捕された。

虐待看護師とはいったい誰なのか?

5353ニュース記者が神出病院に問い合わせた。

※この記事には追記情報があります。

神出病院わいせつ・暴力事件の概要

認知症や統合失調症がある複数の高齢患者を虐待したとして、兵庫県警は4日、神戸市西区の「神出病院」の看護師ら6人を準強制わいせつや暴力行為処罰法違反などの容疑で逮捕した。

読売新聞

兵庫県神戸市西区神出町にある精神疾患専門「神出病院」の看護病棟で、常習的に高齢の入院患者を虐待していたとして、6人の看護師・看護助手が逮捕された。

6人の看護師たちは、何をしたのか。

2018年10月31日午前0時ごろ、同病院の病室で、入院していた63歳と61歳の男性患者2人に対し、体を押さえ、無理やり互いにキスをさせた。 (準強制わいせつ)

他にも、2019年9月20日午後9時半ごろ、床に寝かせた男性患者(62)に対し、落下防止柵付きのベッドを逆に覆いかぶせて約20分間監禁した。 (暴力行為処罰法違反の容疑)

また、同月25日午後8時ごろ、トイレで別の患者(79)をにし、椅子に座らせて、ホースやバケツで顔などに水をかけた。(暴力行為処罰法違反の容疑)

被害を受けた患者はいづれも皆、統合失調症や認知症を患い、抵抗できない状態であったという。

  • 日時:2018年10月~19年9月
  • 現場:神出病院の看護病棟
  • 被害者:男性患者(61歳、62歳、63歳、79歳)、若い女性
  • 容疑者:看護士、看護助手のあわせて6人
  • 容疑:強制わいせつ、準強制わいせつ、暴力行為処罰法違反
  • 認否:全員を容疑を認めている。「患者のリアクションが面白かった」と供述している。

追記:2020年3月24日4人が再逮捕

神戸市西区の神出病院の看護師らが入院患者を虐待したとされる事件で、兵庫県警捜査1課と神戸西署は24日、準強制わいせつや暴行の疑いで、元看護助手の男(27)=同市西区=ら4人を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

神戸新聞

再逮捕の容疑は、ガムテープを巻いて暴行したり、患者同士でわいせつな行為をさせたりした疑いだという。

再逮捕の内容

  • 日時:2018年10月~19年9月
  • 現場:神出病院の看護病棟
  • 被害者:同病院の男性入院患者
  • 容疑者:神出病院の看護助手・和田元規、元看護師の橋本涼平、看護師の船引健志と高橋斉史
  • 容疑:暴行容疑、準わいせつ容疑
  • 認否:逮捕された看護師らは「和田元規が虐待を主導してやった」「(患者が)言うことを聞かないのでストレスがたまっていた」「何をされたか理解できず、被害を伝えられないと思った」と容疑を認めている。

虐待看護師6人は誰?

逮捕された看護助手らは全員、男であった。

名前住所職業容疑
和田元規わだもとき(27)神戸市西区男性・元看護助手男性患者同士(62、59歳)をキスさせた
男性患者(62)に柵付きのベッドで監禁
男性患者(79)にトイレでホースの水をかけた
若い女性に強制わいせつ(2019年12月)
男性患者(70代)にガムテープで頭を車椅子に何重にも巻きつけた
患者同士(50代と60代)で体にジャムを付け無理矢理舐めさせるわいせつな行為をさせた
②高橋斉史(34)兵庫県明石市男性看護師男性患者(62)に柵付きのベッドで監禁
男性患者(79)にトイレでホースの水をかけた
男性患者(70代)にガムテープで頭を車椅子に何重にも巻きつけた
船引健志ふなびきたけし(33)不明男性看護師 男性患者同士(62、59歳)をキスさせた
男性患者(62)に柵付きのベッドで監禁
患者同士(50代と60代)で体にジャムを付け無理矢理舐めさせるわいせつな行為をさせた
曽我部聡そがべさとし (41)不明男性看護師 男性患者(79)にトイレでホースの水をかけた
橋本涼平はしもとりょうへい(26)不明男性看護師 男性患者同士(62、59歳)をキスさせた
患者同士(50代と0代)で体にジャムを付け無理矢理舐めさせるわいせつな行為をさせた
武田剛士 たけだつよし(33)不明男性看護師 男性患者(62)に柵付きのベッドで監禁

見てわかるように、元看護助手の和田元規(27) が主犯格だ。

和田元規容疑者は、昨年12月に若い女性の強制わいせつ容疑ですでに逮捕されている。

その捜査過程で、患者への虐待の様子を収めた複数の動画が和田容疑者のスマートフォンから見つかり、他の5人も御用となった。

なお、和田容疑者のスマートフォンからは虐待動画が約30本もあり、ほかにも、病室の床や別の患者の体に塗ったジャムのような食べ物を他の患者に舐めさせる様子も撮影されていたという。

※再逮捕された4人のうち、1人は和田元規だとわかっているが、残り3人は現在調査中。わかり次第、追記する。
※和田・橋本・船引・高橋の4人と判明。

主犯・和田元規(わだもとき)の顔画像特定は?(Facebook・インスタグラム・ツイッター)

まだ、主犯・和田元規容疑者本人の顔特定には至っていない。

Facebookに兵庫県・三木北高校出身の和田元規さんはいたが、これが本人のものかは不明である。

現在確認中。

2020.3.8追記:和田元規(神戸西署)

和田元規容疑者(ANNニュース)

3月5日午前9時すぎ、書類送検のため神戸西署から出る和田容疑者。
マスクをしてフードを深く被り、顔がハッキリわからない。

また分かり次第、追記する。

なお、警察の調べで新たにわかったことは、6人が無料通信アプリ「LINE」で虐待の様子を収めた動画を共有していたことだ。

和田容疑者のスマートフォンには動画が約30本ほどあり、互いに顔を近づけさせたり、額にシールを貼ったり、されるがままで無抵抗の入院患者の様子が確認されたという。

神出病院の評判が悪すぎる

神出病院の評判は、すこぶる悪い。

看護師口コミサイト「ナスコミ」神出病院の書き込み
業務を病院スタッフ都合で終わらせて、後は悪口や噂話を病室などしています。患者さんだけでなく、スタッフも大声をあげるし、患者への暴言もある。古参ナースや特定の人たちが幅を利かせており、中途採用が溶け込むのは難しいと感じました。患者さんに対してのタメ口は日常化、患者様を人として接しない、人権や尊厳というものがないと感じます。

ケアの質も悪く、まるで必要な処置や検査を行わない。いくら精神科とはいえ、患者様に対する言葉の掛け方、接し方は酷すぎます。わざと患者様を挑発させる言葉掛けや、怒鳴り声、一部上層部の身勝手な判断で異動を繰り返し命令される。こちらの意向は全く受け入れてもらえず。人間関係が馴染めば仕事はやりやすい。ただ、気に入らなければ役職も関係なしに無視など平気でしてくる。とにかく古い、汚い、臭いがきつかったです。

大澤次郎 院長(神出病院ホームページより)

元職員に聞いたが、神出病院の大澤院長は無能な独裁医師で、職員への恫喝やパワハラ、薬屋との癒着が凄い様子。気分によって毎日医師や看護師も怒られ疲弊していたとか。この虐待看護師が駄目なのは当然として、こういうトップを辞めさせて体質改善はからないと問題解決しないのでは。

入院患者の家族「怖い・・・」、ナース「過酷な労働環境」

事件を知った入院患者の家族は、事件を知って驚きと不安を隠せない。
当の入院患者たちは、いつもと違う慌ただしさに落ち着かないことだろう。

また、医師や看護師、事務員らは全てを把握していないものの、患者たちを落ち着かせるために動いている。

ある精神科ナースはこう話す。
「精神科は、他の科に比べると、暴力・暴言で傷つくことなんて日常茶飯事。パニックを起こして暴れる患者さんでも信頼関係を築くために、コミュニケーションをとったり、根気が必要な仕事なんです。体力的には楽なことが多いですが・・・本当、過酷です。」

過酷な労働環境ゆえ、辞めていく看護師も多いのだろう。
病院のホームページには、看護師・緊急募集の案内が載っていた。

神出病院の対応

弊ニュース記者も詳しい事情を知るため、神出病院の担当者に電話で問い合わせた。

担当者によると、「本件は刑事事件であり、詳しいことは警察が調べています。また、当院としても事実関係を究明中のため、今すぐにお答えすることはできません。」というものだった。

わいせつ行為とはどんなものか?逮捕されたのは男性か?という記者の質問に対して、「プライバシーなことなのでお答えすることはできません。」という。

あくまでも病院は犯罪者を守るという立場なのか?今回逮捕された者に対してどんな処分を下すのか?という質問に対し、「もちろん、逮捕された看護師が当院に戻ってくることはあり得ないです。」との回答だった。

そして最後に、「ご迷惑とご心配をお掛けして申し訳ないことです。当院としても、説明責任を果たすべく、内容が分かり次第、改めて公表する予定です。」とのこと。

コメント