興梠(こうろぎ)先生がテレ朝ワイドスクランブル捏造に喝!「打合せと違う 」「削除されてません、ここにある」 

5月15日(金)放送のテレビ朝日系「木下容子ワイド!スクランブル」の番組内で、神田外語大学の興梠一郎(こおろぎいちろう)先生が、「打ち合わせで私はそんな事一言も言ってません。訂正を」「削除されていません。ここにある」などと即時訂正する場面が数回あった。

それを観ていた視聴者から、「先生、呆れていたというかキレ気味だったよね?」「痛快、もっと興梠先生の話を聞きたい!」という声が上がっている。

興梠一郎先生がテレ朝ワイドスクランブル捏造に喝!「静かにすっごいキレてた」

神田外語大学教授、興梠一郎氏がワイドスクランブル生放送中での対応に注目が集まっている。

興梠一郎 神田外語大学教授 中国情勢に精通 元外務省専門調査員

興梠先生は、去年9月に中国では新型コロナの防疫訓練をしていたことを証拠付きで説明。

しかし番組アナウンサーは、「外国人から感染を防ぐための訓練」と報じた。

それに対し、興梠先生「そんなとこ一言も言っていない。訂正を」と厳しくたしなめた。

スタジオは凍る・・・

グーグル翻訳で日本語訳された湖北日報

9月18日、武漢税関軍事軍事委員会の執行委員会は、武漢天河空港で「国門の安全の確保と軍事輸送の安全の確保」をテーマに緊急処分訓練を実施しました。実際の戦闘では、訓練は旅客通路の荷物通路で発見された過剰な核放射線の1つのケースの処分プロセスと、空港ポートの通路で発見された新しいコロナウイルス感染の処分プロセスをシミュレートしました。地域の設定、隔離と保持のテスト、ケースの転送、衛生的な治療など、多くのリンクがあります。

2019年9月26日 湖北日報

「興梠先生、静かにすっごいキレてた。最後、歯を食いしばって怒鳴るのを我慢しているみたいだった」(視聴者コメント)

興梠先生にビビるテレ朝スタジオにTwitter民「今日のワイドスクランブル見応えあった」

静かに怒る興梠先生に「今日のワイドスクランブルは面白かった。見応えがある」「興梠先生、メディア露出を増やして欲しい」と絶賛する声が多かった。

「神田外語大の興梠教授は、今後もテレビ生出演することがあるかな? 続きを聞きたかった。」(視聴者コメント)

「興梠先生の話をもっと聞きたい。こういうことが聞きたかった」(視聴者コメント)

以下の動画は「どっちでもいいです」と静かに受け流す興梠先生。

コメント