宮崎市・栗原めぐみさんが美人すぎる!殺人の原因は怨恨による犯行と判明!

事件・事故
事件・事故

2月29日に宮崎市大島町アパート駐車場で市内の松井茂美(まついしげみ、46歳)に刺殺された栗原めぐみ(37)さん。

二人はいったいどんな関係だったのか?

なぜ、栗原めぐみさんは松井しげみに殺害されたのか?原因に迫りたい。

事件概要

2020年2月29日(土)午後7時ころ事件が発生

県警によると、2月29日午後7時20分ごろ、血だらけの栗原さんが倒れているのを近くの住民が発見。搬送先の病院で約1時間後に死亡が確認された。

宮崎日日新聞

その後、職務質問から逃走し、警察車両にぶつけた宮崎市内在住の松井茂美(まついしげみ)容疑者(46)を器物損壊の容疑で現行犯逮捕した。

ANN

松井容疑者の着衣には多くの血痕があることから、県警は殺人事件に容疑を切り替え、詳しく調べている。
松井容疑者は黙秘しているという。

捜査関係者によると、現場付近から凶器とみられる血痕が付着した包丁1本を押収した。
女性の遺体には顔や背中など上半身に多数の刺し傷や切り傷が確認されており、犯人が強い殺意を持っていたとみられている。

殺された女性は同市大島町、パート従業員の栗原めぐみさん(37)である。

捜査関係者によると、このアパートの住人で、夫、子どもと3人暮らし。栗原さんと松井容疑者は知人同士だったという。

栗原さんの5歳の娘が犯行の様子を目撃していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。容疑者特定につながる証言をしているとみられ、県警は慎重に調べを進めている。

宮崎日日新聞

3月2日、松井茂美は書類送検された。

日時:2020年2月29日午後7時20分頃
場所:宮崎市大島町、市道大島通線から東に約300メートルにある住宅地のアパート駐車場
被害者:宮崎市大島町に住むパート従業員の栗原めぐみさん(37)
容疑者:宮崎市清武町加納甲に住む無職(元とび職)の松井茂美(46)
容疑:警察車両をぶつけた器物損壊、栗原めぐみさんの殺人(失血死)。
認否:黙秘している。
目撃者:栗原めぐみさんの娘(5)

被害者・栗原めぐみさんについて

栗原めぐみ
栗原めぐみさんFacebookより

名前:栗原めぐみさん(37)

住所:宮崎市大島町

職業:パート従業員

結婚歴:あり(夫、子ども(5歳)と3人暮らし)

栗原めぐみさんは、松井ひでみ容疑者と出会う前、事情があってシングルマザーとして小さな娘を育てており、Facebookの投稿から溺愛している様子がうかがわれる。

栗原めぐみさんのFacebookより

写真いっぱいに娘の笑顔が並ぶ。
愛情いっぱいに育てており、幸せそうだ。

栗原めぐみさんのFacebook

祖父母は孫のお世話も協力的で、とても可愛がってくれているのだろう。
家族関係は良好のようである。

しかしその後、めぐみさんは松井茂美と出会い、生活が変わってしまった。
娘を父母に預けることが増え、だんだんとFacebookの更新も減っていく。

関連記事≫松井茂美容疑者の顔画像を特定!元恋人とケンカで殺害か

二人には「サーフィン」という共通の趣味があるため、海仲間を通じて知り合ったと思われる。

栗原めぐみさんのFacebook
Facebookの背景画像にサーフボードが映っている

栗原めぐみさんはいったいなぜ殺されたか?

シングルマザーが働きながら恋愛することは、かなりエネルギーが要るものだ。

「今年は仕事と子育て家庭の両立を目標に1年過ごします」

栗原めぐみさんFacebook

ましてや結婚ともなると、普通の結婚話とは違う。
子どもと結婚相手、二人の相性をよく考えなくてはならない。

そして、普段から娘をよく世話してくれている両親に納得してもらえるような、懐の広い相手である必要があるのだ。

松井茂美のアメブロより
松井茂美のアメブロより

松井茂美は前科4犯、指2本切り落とした元ヤクザの放蕩者である。
前妻には三行半を突きつけられ、3人の子どもとも会わせてもらえていない非行っぷり。

また、めぐみさんは松井茂美から暴力を受けていたことを警察に2度相談していたことがわかっている。

まず、めぐみさんの両親が納得しないだろう。
たとえ強行突破で結婚しても、一人娘が不幸になることは明らかだ。

賢明なめぐみさんは2019年8月、松井茂美と別れることを決意。
松井はモヤモヤしながらも、二人はなんとか別れることができたようだ。

松井茂美アメブロより

そして間もなく、栗原めぐみさんに新しい出会いがあった。
いい人だったので、すぐ一緒になることを決めたのだろう。

3人は事件が起きたあのアパートに一緒に暮らし始めた。

しかし、めぐみさんとの結婚を真剣に考えていた松井容疑者はその事実を知り、「常識はずれのビッチにやられ最悪」と激高する。

松井容疑者のアメブロ

この3ヶ月ちょいの間は、気苦労と不安と騙し討ちからなる不信感と、裏切りと生活環境を奪われる攻撃とに押し潰されまくった日々だった。よく踏ん張ったと思う。

再三再四、支え合い助け合う所か、叩きのめされて。馬鹿になりきれんやったなぁ。あーあ、年甲斐もなく。

よく踏ん張ったとは、「不信感や裏切りにも耐え、相手を殺さずになんとか我慢できた」という意味なのか。

事件直前に松井の怒りは再燃した。
松井しげみ容疑者は包丁を持ち出し、駐車場で待ち伏せ、帰宅して車から降りためぐみさんを何度も刺し、強い殺意を持って襲った。

近所の住人はこう証言する。
「7時半過ぎに、子どもが駐車場で泣いているのが聞こえた。殺人事件だったとはわからなかった。」

栗原めぐみさんは、同乗していた子どもの目の前で殺されたのだろう。

大好きな母が男に包丁で何度も刺され、虐げられる姿が目に焼き付き、恐怖で動けなかったはず。
一生残るトラウマを背負ってしまったに違いない。

血だらけでピクリともしない、変わり果てた母を見て、少女は泣きわめく。
倒れためぐみさんに気づいたアパートの住人が、110番通報し、少女を介抱したのだろう。

残された夫や娘は血の繋がりのない親子。
おそらく娘は祖父母に引き取られるものと思われる。

大事な娘を失い、トラウマを抱えた孫娘をこれから守っていく祖父母の気持ちを思うとやるせない。

コメント