箕輪厚介、嫁から三行半でキャンピング車生活!文春砲にTwitter「タヒにたい」が狼少年化

文春オンラインの第2砲を喰らった幻冬舎の編集者・箕輪厚介(みのわこうすけ)。

得意の『死にたい発言』をツイートし、またもTwitter民に叩かれる始末。

どうやら嫁砲も喰らい、現在はキャンピングカーでステイホーム中のようだ。

(下に続きます・・・)

箕輪厚介、2度目の文春砲「収入減おそれて反省文」

週刊文春の電子版は5月30日(土)、箕輪厚介セクハラ疑惑の続報をスクープした。

スクープの要旨は、箕輪氏が箕輪編集室(オンラインサロン)でセクハラ報道について反論・暴言を吐く動画を配信をし、反省の色なしという内容だった。

【動画】幻冬舎 箕輪厚介氏「何がセクハラだよボケ」「俺の罪って重くない」「反省してない」オンラインサロン会員へ大放言《動画入手》

箕輪厚介がオンラインサロン動画で説明した言い分をまとめると

  • セクハラについて一切反省していない
  • 元エイベックスのライターA子さんはヤラカシ系の人
  • 文春と自分は編集者としての実力が違いすぎて嫉妬されている

セクハラ報道や箕輪の無反省動画に耐えきれなくなった女性オンラインサロン生が、箕輪編集室を辞めるとネットで公開。

辞めるサロン生の続出を恐れ、箕輪が反省文を投稿したという。

妻帯者でありながら、あのような行動をして、軽率であったと反省してます。編集者とライターという力の差を利用しているという認識が当時はありませんでしたが、そのように受け取られる立場にいるという自覚を持たなければいけませんでした。

 この案件は、ライターさんの人脈によって成立してるものであり、僕はライターさんを決める強い立場にはありませんでしたが、自分の今までの甘い認識を改めなくてはいけないと、強く強く反省しています。

 僕の生き方自体を改めます。全く理解が足りませんでした。

 僕は一貫して女性に対しだらしないのは事実で、今までの人生で、距離感などを間違えていたと思います。あのスクショのようなメッセはよくしてました。お恥ずかしいかぎりです。

箕輪厚介 反省文

箕輪厚介のTwitterは「死にたい」が狼少年化

「傷心箕輪です…」から始まったオンラインサロン会員に向けた動画が、またも文春にリークされてしまった箕輪厚介。

サロン生を繋ぎ止めるために投稿した非公開の反省文まで暴露されてしまった。

そんな箕輪氏は 5月30日午後5時30分、「死にたい」とツイートする。

箕輪オンライン厚介Twitterより

一週間ほど前にネットの誹謗中傷で亡くなったプロレスラー・木村花さんを意識してか、自殺願望を口にしたのだ。

箕輪「死にたい」ツイートに対して、Twitter民の反応は?

箕輪信者・擁護派「生きてください」「死んじゃダメです」

箕輪アンチ「このセリフ何度も見覚えある」「死ぬことだけは致命傷」

『セクハラ』や『著書・死ぬこと以外かすり傷』を取り上げて揶揄するアンチ箕輪勢のリプライが、圧倒的に多かった。

というのも、箕輪氏が日ごろから敵を作っていたのもあるが、過去のツイートで「死にたい」を連発していたのも一因と思われる。

Twitterより
Twitterより
「高田馬場でラーメンを食べてしまった。死にたい(ブタの絵文字)」Twitterより

本当に死にたい人間が、ブタの絵文字を使って自殺をほのめかすような真似はしない。

箕輪厚介にとって「死にたい」は冗談の一節。

「しんどい」「しくじった」「嫌だ」などの意味合いで、自虐として使っているようだ。

箕輪厚介、嫁から三行半?キャンピングカーでステイホーム

箕輪自慢の美人嫁だが、今回のセクハラ案件に伴う被害で弁護士を立てて離婚に向けて調整していると言う噂も出回っている。

「箕輪さんの奥様の代理人から、奥様の写真や名前、職業などについて書かれた記事を一切削除するように要求されました。こちらも確かにプライバシーの侵害と理解したので奥様に関する部分は全て削除したのですが・・・。

代理人の言い分としては、箕輪さんのTwitterの内容が奥様の許可なく投稿され、かつ、箕輪さんのTwitterから既に削除されたものと主張されています。

しかし実際には、箕輪さんは奥様の再三の削除要求に応えておらず、今日も奥様の顔写真や個人情報を見ることができるんです。これって奥様の手にも追えてない状態ですよね。離婚も秒読みなのではないでしょうか?」(ネット管理人Kさん)

嫁の個人情報を流している(Twitter)

箕輪氏は、以前にも嫁から「離婚したい」とLINEメールをもらったり、前髪を切られたり、一週間家から締め出されることは度々あったと、ベビーシッター企業サイトの取材で告白している。

嫁に前髪を切られた?キャンピングカーでステイホーム中の箕輪厚介

「どうも~、傷心箕輪です。いや本当に心が痛いんですけれど。今キャンピングカーでステイホームしてます。ステイキャンピングカーしてます」

オンラインサロン動画では、嫁から家を追い出されたのか、キャンピングカーでステイホームしていることが判明した箕輪厚介。

嫁の怒りを収めて、無事、家に入れてもらえたのだろうか?

今回の締め出しも、たわいもない夫婦喧嘩の一環となるか近いうちにわかるだろう。

箕輪ファミリーの堀江貴文「俺は関係ないだろ」

箕輪厚介はA子さんセクハラ報道に対し、「トラップ、よろしくお願いします」と反論したがーーー。

トラップの本当の意味は、箕輪氏のTwitterを遡るとわかる。

埋め尽くされた堀江貴文氏の新刊『東京改造計画』の宣伝だ。

堀江氏は東京改造計画というマニュフェスト本をリリースし、都知事選出馬を画策している。

つまり、箕輪は文春が堀江氏を貶めるために、自分が犠牲になった=罠(トラップ)だったと主張したいのだろう。

しかし、箕輪氏が元エイベックスのライターA子さんにとった行動は、どう見ても編集者という立場の強さを悪用したパワハラ・セクハラに他ならない。

ちなみに箕輪ファミリーの反応をまとめると、茶化した者、一部擁護した者がいるものの、「箕輪は悪くない」と完全に擁護している者は一人も見受けられなかった。

堀江貴文も「おれ全く関係ない」と切り捨てている。

自身の名前をエゴサーチして火消しした事実が判明。箕輪氏は意外と傷つきやすい?
箕輪厚介著『死ぬこと以外かすり傷』

コメント