NEVERまとめ終了にネット民歓喜!「パクリ搾取サイトが消えて嬉しい」

文/栗田雄一郎

LINE株式会社が運営するWebキュレーション型まとめサイト『NEVERネイバーまとめ』が今年9月30日で終了すると発表した。

LINEは「残念な結果となり、大変心苦しい限り」と苦渋の決断だったと説明。

しかし多くのネット民はむしろ「パクリ搾取サイトがやっと消えてくれて嬉しい」と喜ぶ結果となった。

NEVERまとめ2020年9月30日に終了

NEVERまとめのトップページから、2020年9月30日で本サービスが終了することをお知らせしている。

サービス終了後から2020年11月30日までの間は、投稿されたまとめ記事(画像を除く)がダウンロードできる機能を提供するという。

平素よりNAVERまとめをご利用いただき、誠にありがとうございます。​
突然ではございますが、NAVERまとめは2020年9月30日をもちましてサービスを終了することとなりました。​​

サービス環境・市場環境の変化による単独サービスとしての今後の成長性や、LINEグループ全体での選択と集中の観点などをふまえて検討した結果、今回の決断に至りました。​
ご愛顧いただいた皆様には残念な結果となり、大変心苦しい限りですが、なにとぞご理解をいただけますようよろしくお願いいたします。​

​NAVERまとめはロボット型検索では得られにくい、人々の知見や観点を活かした検索結果の提供を目指して2009年よりサービスを開始いたしました。​
約11年間という長い間、サービス提供を続けることができたのは、ひとえに利用者の皆様の支えがあったからこそだと考えております。この場をお借りしまして、重ねて御礼申し上げます。​

今回、NAVERまとめはサービス終了となりますが、簡潔に情報を集約して伝える「まとめ」そのものの価値は、日々増え続ける情報環境においてますます重要になってくると考えております。
​2019年、LINEは検索事業への参入を発表いたしました。NAVERまとめが培ってきたノウハウは、この新しい検索事業の発展に活かしてまいります。​​

改めまして、長い間NAVERまとめをご利用いただき誠にありがとうございました。
サービスは9月30日まで継続してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。​​

2020年7月1日
NAVERまとめ スタッフ一同​

NAVERまとめ サービス終了のお知らせ 2020年07月01日

NEVERまとめは成長性がないと経営判断「大変心苦しい限り」

NEVERまとめは、ある特定のキーワードに対し、ネットユーザーが独自に情報を収集し、一つのページにまとめた巨大まとめサイト(キュレーションサイト=ネット情報の寄せ集めサイトともいう)である。

運営会社LINEによれば、NEVERまとめを辞める理由として、「サービス環境・市場環境の変化による単独サービスとしての今後の成長性や、LINEグループ全体での選択と集中の観点などをふまえて検討した結果」としている。

簡単にいえば、NEVERまとめは成長性がない、市場環境が悪化したということであろう。

「環境の変化というのは、SEO(検索エンジン最適化)で上位を取れなくなってきたからでしょう。グーグル検索したときに、NEVERまとめの記事が上位を占める割合が、昨年9月をピークに激減しています。また、環境というのはコロナの影響でしょうね。コロナ不況で広告主がサイトに支払う広告単価もだいぶ下がっていると聞きます」(サイト運営者)

2019年9月のNEVERまとめ訪問者数は3700万、今年4月は▲1000万も減少した(neilpatel.comより)

無断転載の横行、高レート搾取の闇

NEVERまとめの実態は『ネット情報を寄せ集めたパクリサイト』であり、ライターによる画像や文章の著作権侵害が横行していた。

さらに問題だったのは、NEVERまとめで何らかの損害賠償責任・法的責任が発生しても一切負わないと免責してあること。

違法行為をするのはライターであって、LINE社ではないというシステムなのだ。

さらに、元NEVERまとめライターは嘆息する。

「NEVERまとめのインセンティブ(=個人の成果に応じて支払われる報奨金)はかなり低い。1PV(ページビュー)あたり、0.007円ですよ。つまり、1000人見たら、7円もらえる計算。もし自分のサイトでGoogle広告を入れた場合、1PVあたり0.2〜0.5円です。1000人見たら、200円〜500円。インセンティブ制度なんて聞こえはいいですけど、”搾取”もいいところです」

多くのNEVERまとめライターが、ネットから無断転載(=著作権侵害という不法行為)をしていたわけで、不法行為から発生した売り上げを運営者が過剰に得て「搾取だ」と主張することは、いささか違和感を覚えた。

元NEVER利用者やネット民が歓喜「パクリ搾取サイトが消えて嬉しい」

NEVERまとめ利用者はサービス終了に対し、どのように受けとめているのだろうか?

SNSでは歓喜の声が多かった。

「NEVERまとめ終了するんですか。嬉しい!ものすごく検索の邪魔だったから」(神奈川県在住男性ブロガー)

「Neverまとめ自体は嫌いじゃなかった。ごく稀に有能な情報あったしね。だから残念とも嬉しいとも思わない」(都内在住ネットオタクの学生)

「勝手に引用されて金稼ぎに使われるの微妙にイラッと案件だったので嬉しい」(神奈川在住ゲームオタク)

「いかがでしたか?今後、neverまとめが復活するといいですね!」(YouTuber)

「精力アップ関連の記事だけは愛読してたよ」(漫画ブロガー)

コメント