佐々木梨花ちゃん(1)を轢いた女性高校教師は誰?「気づかなった」福岡県大野城市の死亡事故

事件・事故
事件・事故

3月21日、福岡県大野城市のスイミングスクール駐車場で1歳の女の子・佐々木梨花ささきりかちゃんが車にはねられ、意識不明の重体で病院に搬送、まもなく死亡が確認された。

梨花ちゃんをひいた女性高校教師とは誰か、事故の内容をくわしく確認をしたい。

※この記事には修正情報があります。

福岡県大野城市スイミングスクール駐車場女児死亡事故

21日午後3時半ごろ、大野城市下大利にあるスイミングスクールの駐車場で、1歳くらいの女の子が乗用車にはねられました。

NHK福岡

1歳の佐々木梨花ちゃんは、福岡県大野城市下大利にある「つくしのスイミングスクール」の駐車場で、福岡市内の公立高校に勤務する大野城市曙町在住の女性教師(43)が運転する普通乗用車の下敷きになり、頭などを強く打って意識不明の重体になった。

駆けつけた救急車が、梨花ちゃんを春日市内の病院に搬送したが、1時間後の16時30分ごろに死亡が確認された。

警察の調べによると、梨花ちゃんは発車してすぐの乗用車の下敷きになったものとみられている。

車ではねた女性教師は「子どもが下にいるとは気がつかなかった」と話しているという。

日時2020年3月21日(土)午後3時半ごろ
場所福岡県大野城市下大利2丁目20-16
つくしのスイミングスクールの駐車場
被害者福岡市博多区井相田在住の佐々木梨花ちゃん(1)
加害者大野城市曙町在住で福岡市公立高校に勤務する女性教師(43)
容疑過失運転致死
認否「子どもがいるのに気づかなかった」と容疑を認めている。

事故が起きたのは、JR水城駅から北に向かって400メートルほどの住宅街の中にある。

事故現場:つくしスイミングスクール建物東側の駐車場

事故車は、ホンダの「フリード」という名前のミニバン車にみえる。

FNN

フリードは着座位置が高く、ミニバンの中でも視界が広いため、運転が苦手なママからも支持される人気車だ。
筆者が実際にフリードに乗って感じたのは、運転席の着座位置は高いが、車体先頭から運転席までの長さが少なくとも1メートル以上あり、身長およそ80cmの梨花ちゃんが車の目の前に立っていたとしても、運転手が身を乗り出して確認しない限り、運転席から見えなかった可能性は十分ある。

※2020.3.23車名修正

梨花ちゃんと衝突したのは、車体の前方左側、赤い部分である(下写真)。

FNN

運転手は左に曲がって発進し、車体の左前を歩いていた梨花ちゃん倒して車の下に引きずり込んだ。
梨花ちゃんは頭などを強く打っていることから、急発車で衝突したか、もしくは、前方不注意で走り出して数メートルのところで衝突したものと思われる。

加害者は誰?公立高校の女性教師

梨花ちゃんをはねたのは、誰か。

加害者は、福岡市内の公立高校に勤める女性教師(43)であることがわかっている。

福岡市内の公立高校は以下の19校である。

  1. 福岡県立香住丘高等学校
  2. 福岡県立香椎高等学校
  3. 福岡県立福岡高等学校
  4. 福岡県立筑紫丘高等学校
  5. 福岡県立柏陵高等学校
  6. 福岡県立福岡中央高等学校
  7. 福岡県立城南高等学校
  8. 福岡県立修猷館高等学校
  9. 福岡県立早良高等学校
  10. 福岡県立玄洋高等学校
  11. 福岡県立筑前高等学校
  12. 福岡県立福岡工業高等学校
  13. 福岡県立福岡講倫館高等学校
  14. 福岡県立博多青松高等学校
  15. 福岡県立香椎工業高等学校
  16. 福岡市立福翔高等学校
  17. 福岡市立博多工業高等学校
  18. 福岡市立福岡女子高等学校
  19. 福岡市立福岡西陵高等学校

この中に佐々木梨花ちゃんを車ではねて死なせた者がいる。

また、女性教師の子ども(男の子)は「つくしのスイミングスクール」に通っており、息子をスクールに預けたあと、スクールの駐車場から車で帰宅しようと発車した際に事故は起きた。

女性教師の自宅は、大野城市曙町で、つくしのスイミングスクールから約2キロ、車で10分ほどの場所にある。

名前不明
性別女性
年齢43歳
住所福岡県大野城市曙町
職業福岡市の公立高校教諭
家族夫、息子

女性教師の名前は、いまだわかっていない。
わかり次第、追記したい。

スイミングスクール駐車場で「井戸端会議」は一般道より危ない

私の娘もスイミングスクールに通わせていて車で送り迎えするんです。で、駐車場でママ友と立ち話しちゃうんで、他人事とは思えない。駐車場で1歳の子の目を離すってのは確かにありえないけど、1歳児ってってジッとしていられないから。ママの手を振りほどいて、そのスキに走って轢かれちゃったんでしょうね(涙)

だからさ母親は駐車場で井戸端会議してるからそうなるんだろ?母親は自業自得。スイミングスクールの壁に書いときな。井戸端会議禁止!罰金制にして?

私は今2歳ともうすぐ1歳の子供育ててますが、自分で歩けるようになるとなかなか手を繋いでくれません。 自由に動き回りたがり、無理やり手を繋いでも離そうとします。 ですが子供を守れるのは自分しかいないので、泣き喚こうが駄々こねて座り込もうが周りに白い目で見られようが説得して安全なところまでは手を繋いでいます。
今回の事故の詳しい状況は分かりませんが運転手さんが可哀想です。
どんな状況であれ1歳児を避けることは難しいですし。ただ最近の傾向として外で注意したり出来にくい環境になってるのが悲しいです。
子供の泣き方がひどいと虐待の目で見られ、ヒソヒソ話されることもあります。 周りの大人たちみんなで注意し合える世の中になってほしいですね。

昨日うちもスイミングへ送って行ったが、駐車場で子供を下ろしそのまま去って行こうとする親。 車の影から飛び出してきて危うくひきそうになった。
駐車場で下ろしてそのままにせず、入り口までちゃんと連れて行けよ!!
と思ったので、受付のおばちゃんに言っといた。

わかってないね。駐車場は一般道より危ないんだよー。どうせママ友同士、中身のない話してたんでしょ?愚か者だよ

ここの駐車場、とても狭く、ただでさえ危険を感じていました。 同じように感じる利用者はとても多いと思います。 一歳の子が一人で歩いていた状況では、まちがいなく起こりうる事故です。 どういう状況でお子さんが一人になったかわかりませんが。加害者となってしまわれた方の精神的ケアがなされますように。

佐々木梨花ちゃんを殺したのは母親

梨花ちゃんは事故当時、つくしのスイミングスクールに通う姉を連れてきた母親と一緒に駐車場にいたとことがわかっている。

「つくしのスイミングスクール」では、新型コ口ナウイルスの感染拡大防止のため、3月2日~14日(土)までの間 スイミングクラブのプールを休業、16日(月)から営業を再開していた。

事故が起きた3月20日(土)は通常営業しており、梨花ちゃんの姉と加害者の女性教師の息子は同じ時間帯にスイミンクラブに通っていた者同士と思われるため、女性教師と梨花ちゃんは顔見知りの可能性が高い。

1歳の子どもといえば、歩き始めてまもなく、すぐにスタタタ・・・と走っていってしまう年頃だ。
ましてや上の子がいると、1人の子だけに気が回らず、どちらかの子を少しだけ目を離してしまうことはよくある話である。

しかし事故が起こるのは、ほんの一瞬の出来事。
1歳の子どもの目を離すことは絶対にやってはいけない。

目を離す時は、上の子(もしくは近くの大人)と手を繋がせておく、または、先に子どもを車に乗せて(安全な場所に移動させて)から他の用事をするなど、細心の注意を払う必要がある。

注意を払わない親のせいで、危険がわからない幼児が犠牲になるのだ。

つまり、梨花ちゃんを殺したのは母親と言ってもいい。

後悔しても娘は元に戻れない。
「あのとき自分が目を離さなければ・・・」と、後悔と自責の念を抱え、ずっと生きていくしかないだろう。

コメント

  1. 通りすがり より:

    車に詳しくないんだろうけど、どうみてもフリードだから