スカウト狩り収束へ「ナチュラル木山兄弟つかまる」ヤクザTwitter勝利報告

新宿歌舞伎町で暴力騒ぎとなった『スカウト狩り』が、終息に向かっている。

どうやらスカウト会社ナチュラルの社長・木山兄弟の片われが暴力団に捕まったが、手打ち(=和解)となったらしい。

(下に続きます)

新宿歌舞伎町でスカウト狩り事件

6月に入って連日起きているヤクザによる『スカウト狩り』とは

暴力団関係者が、歌舞伎町の半グレ界のトップで、スカウト会社ナチュラルの社長でもある木山兄弟らを潰すために始めた、歌舞伎町スカウト一掃作戦のことである。

(動画)スカウト狩りの理由はなぜ?引き抜きで逆上・ナチュラルが金属バットでフルスイング

事の発端は、ナチュラル社員がヤクザに引き抜かれた逆恨みで、賢総業の組員2人に金属バットフルスイングでボコボコにした事だった。

スカウト狩りほぼ鎮静化

なぜスカウト狩りが収束に向かっているとわかるのか?

その理由は、『明らかに減ったスカウトの数』と『ヤクザ自らがホストクラブの壁に貼った張り紙が発見された』からである。

スカウト狩り前

Twitterより(この画像の提供元であるホストアカウントは削除されていた)

アホなスカウト・ナチュラルグループには絶対関わるな。しゃべるな。本業は特殊詐欺。アジト西川口。NK流風俗。この町から女の自殺、行方不明ホストがたくさん出たのは奴らにハメられて、弱みを握られ、全財産を取られたから。最低最悪だよな。特徴はイカツイ系・チンピラ・不良系・グッチ服・サングラス・薬物狂・目の下にタトゥー・109kg・だらしないヒゲ。在日中国人40代コンビ。三本ジャージ、シュプリームリュック、スキンヘッドに黒のニット帽(シュプリーム)。口ヒゲの奴は特に凶暴で狂犬(白いキャップ)165cm。ヤクザにもホストにもなれない奴らに不景気にされちまった。

書かれている内容を簡単に言うと、スカウト会社ナチュラルはホストや女性の敵だから関わってはいけないと忠告している。

また、ナチュラル幹部たちの分かりやすい特徴も並べている。

スカウト狩り後

Twitterより

この街で一番悪い奴ら(メンバーの中には10年前に加藤連合詐欺グループにいて逮捕されている)→ナチュラルグループ・スカウトマンのトップ、デブゴン 110kg。武闘派組織イケイケの兄貴達に袋叩き、顔面パンチ、血だらけ、強靭な格闘能力でお見事でした。ありがとうございます。リーゼルから隣のバックヤードまで逃げたそうで、ざまあみろ。今まで女性達をだまして金を盗んだり、自殺に追い込んだり、行方不明にしていたから、ホスト達も被害者ですよ。ナチュラルの奴ら全員、ボコボコにしてください。慰謝料請求してーな。

※デブゴン=ナチュラル社長・木山兄弟

簡単に言うと

木山の片方が集団リンチを喰らい、ヤクザが勝利した、と言う内容である。

囚われた木山はボコボコにされるも、一命は取り留めたようだ。

しかし複数暴力団が500人規模で総動員し、過去には何度も組員が暴行され、「雑魚で弱い」などと散々コケにされたにも関わらず、手打ちで治めるとは非常に不可解である。

なぜ手打ち?ナチュラル社長・木山が確保されるも稲川会が仲介か

歌舞伎町ホスト関係筋の話によると、どうやらナチュラル社長・木山は、地元・立川市の女性宅のマンションに潜伏していたようだ。

その情報が住吉会らにリークされ、武闘派組員20数名が立川に向かって行ったと歌舞伎町水商売関係者の証言がある。

6月6日(土)深夜に木山が見つかり、リンチは翌7日午前4時ころまで続いたという。

噂では木山が泣きついて、神奈川にあるスカウト会社経由で稲川会に仲介を依頼

稲川会が出張って、木山に相当な額の和解金を払わせ手打ちにしたとの情報もある。

ただ、木山は過去に稲川会と揉めごとを起こし犬猿の仲であるため、稲川会の仲立ちは噂レベルにとどまる。

いずれにしても、最後は両者とも謝って解散したようだ。

ナチュラル木山兄弟の双子の兄の顔画像
木山兄
ナチュラル木山兄弟の双子の弟の顔画像
木山弟

暴力団関係者の勝利宣言Twitter

スカウト狩りで各組に加勢を呼びかけていた暴力団関係者のツイートではーーー

「日本裏社会の頂点はヤクザ」と繰り返して『勝利宣言』をしていた。

「ヤクザが頂点。スカウトが入れ墨を出し街を我が物顔で歩くのは勘違いも甚だしい、スカウト漫画の読みすぎ」(Twitterより)
敵の首を討ち取った武士の浮世絵画像(Twitterより)

日本裏社会においてのヒエラルキーの頂点はヤクザである。年々、当局による締め付け厳しく、生き辛い立場ではあるが、それでも日本裏社会の頂点はヤクザである。なにを血迷ったか女衒ぜげん風情が生意気に。刺青を出し、街を我が物顔で闊歩するなど勘違い甚だしい。スカウト漫画の読み過ぎで頭にうじでも湧いたか。

女衒ぜげん=女性を風俗業に斡旋する者=水商売のスカウト

ナチュラルを完全に潰すまでスカウト狩りは続く

確保された木山は、自分の身代わりにナチュラルの存続を諦めたらしい。

金だけでは引っ込みがつかない、やはりヤクザは体面を重んじるということか。

いまだ暴力団連合軍は(手打ちした)7日以降も規模を小さくしてスカウト狩りを続けており、ナチュラル撲滅への執念を感じさせる。

「ゴロサス(=ご苦労様です)」スカウト狩りの完了報告ツイート(6月8日Twitterより)
右にはナチュラルのスカウトから巻き上げたと思われる札束が…(Twitterより)

歌舞伎町のカリスマギャンブラー「落ち着いてきた感じ」

(スカウト狩り実行犯の情報によれば)歌舞伎町はだいぶ落ち着いてきた感じなのかな。YouTuberなんかが適当な与太話まで拡散するようになってきたし、そろそろ完全終結だといいよな。詫びは入れてるみたいだし、早くナチュラルな状態になあれ。

(動画)スカウト狩りの理由はなぜ?引き抜きで逆上・ナチュラルが金属バットでフルスイング

ナイフ画像を添付したDM(ツイッター)

「チル(=落ち着いた状態)しました」
『もう街でもチル(スカウト狩り終結)できますか』
完全にはできません
『でもだいぶチルはしてきましたか』

結局は末端のスカウトや関係ないホストらが一番被害を受けることとなった。

トカゲの尻尾切り、最後は下が切られる。

これは森友問題で犠牲になった赤木さんの境遇と同じ匂いがする。

そう、ヤクザの落とし所は、金とメンツ大好き安倍政権と同じなのだ。

なんとも胸糞な終わり方である。

スカウト狩りその後…幹部たちは逃走中、他社員はナチュラルを一斉否定

路上スカウトを自粛し逃亡しているナチュラル幹部たちは、今どうしているのだろうか?

社長・木山兄弟のもう一人はまだ逃亡中。

そして賢総業組員2人に金属バットでフルスイングした金髪社員は強い恨みを持たれており、連合軍が血眼になって探しているようである。

ちなみに逃げ遂せたナチュラルのスカウトたちは、自身のSNSアカウントで一斉に「ナチュラルではありません」「グルメスカウトマンです」などと分かりやすい嘘を投稿してSNSユーザーを失笑させていた。

暴力団関係者の引用リツイートにナチュラル社員ジャイアン主任は気付かず?
目の下にタトゥー、「雑魚ヤクザどもかかってこい」挑発的な発言(Kazukiインスタより)

スカウトが消えた新宿池袋「すごい歩きやすい」

「池袋もスカウト全然見なくなった。すごい歩きやすい」(新宿在住女性)

「今歌舞伎町にいるけど、緊急事態宣言中みたいな雰囲気です。ヤクザらしき人全然いない代わりにスカウトも全然いない。いるのは客かホストか安っぽい飲み屋のキャッチぐらい」(帰省帰りの男性)

「もし手打ちならヤクザも情けない。こんな人集めてタマ取らないならヤクザも終わりでしょう」(神奈川在住水商売関係者)

コメント