寺脇康文、三浦春馬の急逝に沈黙「逃げたかった」兄のように慕われ弱音吐露も

文/齋藤あや

日本を震撼させた三浦春馬さんの死。

誰からも愛される”名優”を失った悲しみはファンだけにとどまらず、スタッフや事務所関係者など身近に仕事をしてきた仲間にとって辛いものがありました。

とりわけ三浦さんが生前、弱音を吐いていた事務所の先輩・寺脇康文さんは突然の急逝に言葉を失っているとのことです。

(下に続きます)

寺脇康文「三浦春馬は最高なやつ」兄のように慕われていた

20年以上もチャリティー活動を続けている俳優の寺脇康文さん(58)は、同じ事務所の後輩である三浦春馬さんを『自分たちの意志を受け継ぐ後輩』と一目置いて可愛がっていました。

二人が共演したTBS系・旅バラエティー『ホンネ日和』では、「もうこの世界にいたくない、逃げたかった」と打ち明けた三浦に対し、

10年世話になった前劇団から独立した寺脇が、自分の分岐点に対する決断方法を三浦さんに聞かせ、励ましていました。

三浦春馬×寺脇康文「三浦春馬 母との早すぎる別れ⁉」
「一回ドカーンって落ちて良かったと思える日が絶対くるよ」と言われ涙ぐむ三浦春馬

「彼は人間性も最高なやつですけど、若いときから才能を持ちながらもひねくれることなく、素直にいい青年に育ってくれてるので頼もしいですよ」(寺脇康文)

三浦春馬さん、首吊り自殺の一報が入る

人気俳優の三浦春馬さんが、港区の自宅で死亡しているのが見つかりました。自殺とみられています。 関係者によりますと、18日午後1時頃、東京港区の自宅で、俳優の三浦春馬さんが、首をつっているのが見つかり、搬送先の病院で、死亡が確認されました。自殺とみられています。

日テレNEWS

三浦春馬さんは18日に仕事の予定でしたが、現場に現れず、マネージャーが自宅を訪れたところ、死亡しているところを発見されたよう。

三浦さんの手帳には「死にたい」や悩んでいたこと、具体的な俳優論や役者名などが書かれいたということです。

ただ、日時が書かれていないことから、遺書とは断定できず日記として苦悩を綴っていただけなのかもしれません。

寺脇康文「三浦春馬は自分たちの意志を受け継ぐ後輩だった」7月20日、AAAの活動終了

AAA(Act Against AIDS)チャリティー

27年前から岸谷五朗さんと寺脇康文さんが中心になってチャリティー活動していたAAA(Act Against AIDS)ですが、偶然ながら三浦春馬さんが亡くなった翌々日の7月20日に活動を終了しています。

活動開始の頃は「エイズ」という言葉も認知されておらず、不治の病として恐れられていました。
私たちは「“エイズ”を少しでも多くのみなさんに知ってもらいたい」と様々な場面で活動を励んでまいりました。
そしていま、学校の教科書に必ず掲載されていて、1日1錠の薬で通常の生活が送れるようになっています。
27年間でこのような環境になり、私たちの役目は終了することにいたしました。

AAA 2020年7月20日お知らせ

AAAにはかつて三浦春馬さんも積極的に参加しており、岸谷さんと寺脇さんは「自分たちの意志を受け継ぐ後輩」として一目を置いて可愛がっていました。

エイズが認知され啓蒙活動の必要がなくなった現在、寺脇さんらは何を思うのでしょうか。

後輩の急逝に寺脇康文ら沈黙

岸谷五朗・寺脇康文が主宰する演劇ユニット『地球ゴージャス』に三浦さんは3度、出演しています。

今年は25周年ということで「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」を行う予定でしたが、新型コロナの影響で予定が中止したり大幅に変更されたりして例年とは違った慌ただしさの中、突然訪れた後輩の死でした。

あまりにも早すぎる死に、寺脇さんらは沈黙を続けており、もっと何かできたのではないかという悔恨の念を感じさせます。

亡くなる3日前には『カネ恋』の予告で「撮影に励んでおります!楽しみにしていてください!」と元気そうな様子が見られましたがーーー何の前ぶれもなく自死を選んだことに「なぜ」しか出てきません。

子役上がりは闇深い

「子役は精神病みやすいと聞きます。10歳から芸能入りした香取慎吾さんもある番組で『子役は大変だよね』と遠い目をしていました。子どもらしいことをする時間もなく、成長していますから。それに、どうしても大人の世界を早くから知ってしまうんですよ」(事情通)

4歳から劇団に入り、’97年の7歳から子役デビューした三浦春馬さん。

2006年のドラマ『14歳の母』では、ヒロイン志田未来さんの相手役として注目されるようになりました。

翌2007年の映画『恋空』では、日本アカデミー新人俳優賞を受賞。

人気・実力ともにトップクラスのイケメン実力派俳優となりました。

「フォロワー100万人ありがとうございます」(三浦春馬Instagramより)

コメント