箕輪厚介が主張するトラップとは?お友達はスルー無関係と擁護者なし

文春が報じたセクハラ報道に対し、「トラップ。よろしくお願いします。」と初めて反論をした箕輪厚介(みのわこうすけ)34歳。

箕輪氏がTwitterで主張したトラップ=罠の意味とは?

お友達(堀江貴文・落合陽一・キンコン西野亮廣など)に擁護している者はいるのか?調査した。

(下に続きます・・・)

箕輪厚介がTwitterで「トラップ。よろしくお願いします。」

箕輪厚介は自身のTwitterで5月19日(文春セクハラ報道の3日後)、「トラップ。お願いします。」とツイートした。

「トラップ。よろしくお願いします。」現在は削除されている(箕輪オンライン厚介Twitterより)

このツイートに対し、箕輪氏を尊信するフォロワーたちは

「やっぱりトラップだと思っていました。あのやりとりで一方的なセクハラ・パワハラには無理がある」

「やはりハニートラップだったんですね!安心しました。家に入ろうとするA子って女性が仕向けたんですね」

「箕輪さんは驚きの白さです」

などと、次々に擁護するコメントが見受けられた。

関連記事»箕輪厚介はビジネスに性欲を挟む男「妻以外愛せない病気」に唖然

しかし、アンチ箕輪にその投稿を発見され、批判・罵倒ツイートが擁護コメントを凌ぐほど相次いでしまう。

アンチの猛攻に見かねた箕輪氏は、当該ツイートを削除。

その削除行為が、火に油を注ぐことになる。

結果、Twitterで箕輪セクハラ問題が再炎上、週刊誌(女性自身など)でも追い討ち報道される始末となった。

箕輪厚介が Twitterで主張したトラップの意味とは?

箕輪厚介が主張したトラップの意味は何だったのか?

女性から誘っていないため、『ハニートラップ』とは明らかに違う。

トラップの本当の意味は、箕輪氏のTwitterを遡るとわかる。

埋め尽くされた堀江貴文氏の新刊『東京改造計画』の宣伝だ。

堀江氏は東京改造計画というマニュフェスト本をリリースし、都知事選出馬を画策している。

つまり、文春は堀江氏を貶めるために自分が犠牲になった=罠(トラップ)だったと主張したいのだろう。

しかし、箕輪氏が元エイベックスのライターA子さんにとった行動は、どう見ても編集者という立場の強さを悪用したパワハラ・セクハラに他ならない。

箕輪ファミリー(ホリエモンやキンコン西野など)に擁護者なし

箕輪厚介氏のお友達は、今回のセクハラ騒動に何と発言しているのだろうか?

箕輪ファミリー

  • 堀江貴文(ホリエモン)
  • 西野亮廣(キングコング)
  • 落合陽一
  • メンタリストDaigo
  • イケダハヤト
  • はあちゅう

など 箕輪氏がTwitterでフォローしているアカウントから確認することにした。

堀江貴文「おれ全く関係ない」

ホリエモンはフォロワーの追及に軽く受け流した。

おれ全く関係ないだろ笑

文春、箕輪セクハラ暴露でホリエモン降ろし失敗か「東京改造計画Amazonで爆売れ中」

キングコング西野亮廣「ノーコメントを貫く」「箕輪を許さない」などと茶化す

箕輪さんに文春砲が炸裂。その中で、「絶対 変なことしない」という【迫り文句】がバッシングの対象の一つになっていますが、 そのセリフだけなら過去に2万回ぐらい使ったことがあるので、今回はノーコメントを貫くことにしている。

僕の呑み友達の箕輪さんが炎上しているらしい。 まったく追えてないので、炎上内容は1ミリも知らないけど、絶対に箕輪さんが悪いと思う!! 誰かに謝って欲しい!! #僕は絶対に箕輪を許さない

西野氏は、セクハラ騒動を茶化して箕輪を擁護しているように見えた。

落合陽一はスルー

箕輪氏は落合陽一本の編集者であり、対談イベントで一緒になったり、飲み仲間だったりと聞くがーーー。

落合氏は一切コメントしていなかった。

仲間の誘惑メールなんて反吐が出ると思っているのか、関わりたくないのだろう。

メンタリストDaigo もスルー、身内には優しい?

ダレノガレ明美がAERA報道の麻薬疑惑否定に対し、「記者を社会的に抹殺すればいい」と、全面的にダレノガレを擁護しているメンタリストDaigo。

しかし箕輪氏の文春砲に対しては、Daigo氏もスルーしている。

同じ勢いで、「流石にこれはセクハラ。箕輪氏が悪い、擁護しきれない」と正義を貫いて欲しいものだ。

イケダハヤト 「口を挟むのはナンセンス」一部擁護

「週刊誌発の個人間のトラブルに口を挟むのはナンセンス」イケダハヤトTwitterより

まぁ、セクハラ云々については、事情も知らないのでよくわかりません。 本人に悪いことしたと思うんなら謝れば直接いいんじゃないか?という程度。 事情もわからない週刊誌発の個人間のトラブルに口を挟むのはナンセンス。未払い云々については、出版社の仕事スタイルの問題ですね。 ぼくも何冊か本書いてますが、契約書とか交わした記憶がない。制作に入る前に契約書作る文化が、こういう騒動を機にできるといいけど。

イケダハヤト は、「自分も出版社と契約書を交わしたことがない。この騒動をきっかけに出版社が制作前の契約書を作る制度を慣習化して欲しい」と主張。

箕輪セクハラ問題については『個人間の問題』とし、一部批判、一部擁護した。

関連記事»箕輪厚介はビジネスに性欲を挟む男「妻以外愛せない病気」に唖然

また、キングコング西野氏の揶揄ツイートについて、「そういう男子校のノリは好きじゃない」と、箕輪ファミリーとは一線を引いている。

セクハラ被害者がいる案件について、同性の友人がユーモアで相対化する男子校ノリはあんま好きじゃないなぁ。

はあちゅう スルー 心中は複雑?

元電通社員の岸勇希氏にセクハラを受けた はあちゅう。

岸の本を箕輪が編集すると知った時は、かなりショックだったという。

はあちゅう氏がフォローしている箕輪氏のツイッタータイムラインからは、岸本の宣伝がどんどん流れてきたことに対し、「辛いものがあった」とインタビューに答えている。

しかし、今回のセクハラ報道に関しては一切発言していない。

友人のセクハラ行為に、女性として心中複雑な思いがあるだろう。A子さんには同情しているに違いない。

箕輪厚介、実は傷つきやすい

箕輪ファミリーの対応をまとめると、茶化した者、一部擁護した者がいるものの、「箕輪は悪くない」と完全に擁護している者は一人も見受けられなかった。

自身の名前をエゴサーチして火消しした事実が判明。箕輪氏は意外と傷つきやすい?
箕輪厚介著『死ぬこと以外かすり傷』

男性にアンチが多いことが判明した箕輪氏。

日テレ 朝の情報番組『スッキリ』に録画でリモート出演しているがーーー。
今後どう出るのか、注目である。

出演情報:5月22日よる24時30分〜日本テレビ『新日本男児と中居』にリモート出演予定

コメント